高反発マットレスが腰痛によく低反発マットレスが腰痛を悪化させる理由とは?

高反発マットレスが腰痛によくて、低反発マットレスが腰痛を悪化させてしまうと言われていることをご存知ですか?
どちらも身体を押し戻しながらサポートしてくれるマットレスのはずが、どうしてこのような違いが出てしまうのでしょうか。

その理由について、詳しくご説明していきたいと思います。

高反発マットレスが腰痛に良い理由は何?

高反発マットレスが腰痛に良いと言われている理由には、以下のようなものがあります。

  • 寝ている間の理想的な姿勢を保ちやすいため
  • 寝返りが打ちやすいため
  • 通気性が良く、長持ちするため

など、このような理由が挙げられます。
では、1つずつ詳しく見ていきたいと思います。

 

寝ている間の理想的な姿勢を保ちやすいため

高反発マットレスの場合、寝ている間の理想的な姿勢を保ちやすいと言えます。

[st-minihukidashi fontawesome=”” fontsize=”80″ fontweight=”” bgcolor=”#3F51B5″ color=”#fff” margin=”0 0 0 -6px”]寝ている時の理想的な姿勢とは・・・[/st-minihukidashi]

[st-cmemo fontawesome=”fa-hand-o-right” iconcolor=”#3F51B5″ bgcolor=”#E8EAF6″ color=”#000000″ iconsize=”200″]

仰向けの場合:身体を横から見て、背骨が緩やかなS字になっていること
横向きの場合:身体を横から見て、背骨が真っ直ぐになっていること

[/st-cmemo]

寝ている間はマットレスに身体を支えてもらうことになりますよね。
高反発マットレスは、下からしっかりと押し上げてくれるので、腰や肩が適度に沈み込み、理想的な寝姿勢を保ちやすくなります

寝返りが打ちやすいため

人は、寝ている間に20回もの寝返りをうつと言われています。
この寝返りをうつ理由は、身体の筋肉や骨の位置を修正したり、湿気を逃したりするためです。

高反発マットレスは身体を押し上げてくれるため、無駄な力を使わずに寝返りを打つことが出来、腰周りの筋肉などに負担がかかりづらいのです。

負担なく寝返りをうつことが出来るということは、快眠にも繋がりますし、
筋肉をしっかりと休ませてあげることが出来ると言えます。

 

通気性が良く、長持ちするため

そして、通気性が良く、長持ちするというのも、腰痛に効果的と言われている理由の一つです。
通気性が良いと、湿気がこもりづらくなり、寝返りを無駄にうつことがなくなります

さらに、湿気によってマットレスの素材がダメになってしまうことがあるのですが、そのような事を防ぐことが出来るため、長持ちするのです。
お手入れに関しても、そのマットレスに合ったお手入れを行うことで長持ちし、マットレスがへたりづらくなるため、長期間に渡り腰痛改善をサポートしてくれます。

低反発マットレスが腰痛を悪化させる理由は何?

では、低反発マットレスが腰痛を悪化させると言われている理由は何なのでしょうか。

  • 寝ている間の理想的な姿勢が保ちづらい
  • 寝返りが打ちづらい
  • 通気性が悪く、へたりやすい

低反発マットレスは、高反発マットレスの真逆とも言える性質があります。
柔らかく、包み込まれるような感覚になるため寝心地はとても良いのですが、腰痛がある方には向いていないのです。

寝ている間の理想的な姿勢が保ちづらい

まず、低反発マットレスの場合、身体の重い部分(腰や肩など)がマットレスに沈み込んでしまいます。
身体に不自然な沈み込みがあると、寝ている間の理想的な姿勢を保つことが難しくなります。

くの字型に身体が沈んでしまい、腰回りに大きな負担がかかってしまうのですね。

寝返りが打ちづらい

次に、寝返りが打ちづらいという点も、腰痛を悪化させる原因となるものです。
低反発マットレスの場合、前述のように身体の重い部分が沈み込んでしまうため、寝返りをうつ際に余計な力が必要になります。

余計な力が必要になることで、筋肉が緊張してしまい、腰痛や肩凝りの原因となります。

筋肉を休めるはずの時間が、逆に筋肉を働かせる時間になってしまうのですね。

通気性が悪く、へたりやすい

最後に、通気性が悪く、へたりやすいという点も挙げられます。
湿気がこもりやすいということは、身体に不快感が出てしまうため、寝返りの回数が増えてしまいます
寝返りの回数が増えると、低反発マットレスは寝返りが打ちづらいことから、身体にさらなる負担をかけることになります。

また、低反発ということで、へたりやすいと言えます。
低反発マットレスは大体3年程度の寿命と言われているのですが、これは高反発マットレスの約半分以下の寿命です。

へたりやすいということは、買い替えのサイクルが早いということです。
出費もかさみますし、低反発マットレスを繰り返し購入していては、良くなるものも良くなりません。

腰痛には高反発マットレスがおすすめ!

上記のようなことから、腰痛持ちの方には、高反発マットレスがおすすめということになります。
身体をしっかりと押し上げ、寝ている間の理想的な姿勢をサポートし、寝返りもうちやすくしてくれるので、腰痛を改善しやすいと言えます。
低反発マットレスにももちろんいい部分はあるのですが、腰痛持ちの方の場合、悪化させてしまう危険性があります。

マットレスは安い買い物ではありませんので、どのようなマットレスを購入するのか、しっかりと検討していきたいですね。

出来れば、お試し出来るようなマットレスが良いのですが、あまり無いのが現状です。
モットンであれば、3ヶ月間お試し期間のようなものがありますので、一度試してみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です